[メールドグラース] 【豪コーフィールドC】メールドグラース 海外初遠征でG1初制覇 清水久調教師「完璧でした」

user

【豪コーフィールドC】メールドグラース 海外初遠征でG1初制覇 清水久調教師「完璧でした」

日本から海外初遠征で挑戦したメールドグラース(牡4歳、栗東・清水久詞厩舎)が、今春の日本でもコンビで重賞2勝に導いたレーン騎手の手綱でG1を初制覇。後方2番手でレースを進め、最終コーナー手前でまくり気味に進出し、大外を回って豪快に抜け出す強い競馬だった。

JRAメールドグラース豪G1圧勝も「日本のOP」レベル!? 2014年以来、5年ぶり歴史的勝利も「快挙じゃない」冷ややかな声も

モノが違った。 19日に豪コーフィールド競馬場で行われたコーフィールドC(G1)は、日本から参戦したメールドグラース(牡4歳、栗東。清水久詞厩舎)が優勝。国内と合わせて6連勝の快進撃が続いている。 18頭で行われた芝2400mのレース。最後の直線で、後方から外に …

【コーフィールドCレース後コメント】メールドグラース 清水久詞調教師ら

【コーフィールドCレース後コメント】メールドグラース 清水久詞調教師ら. 2019年10月19日(土) 21時00分. 16 51. メールドグラースがオーストラリアで初GI制覇(c)netkeiba.com、撮影:Racing Photos. 19日(土)オーストラリアのコーフィールド競馬場で行われたコーフィールド …

日本馬メールドグラースが優勝 豪G1のコーフィールドC

オーストラリア競馬のコーフィールドカップ(2400メートル芝、G1)は19日、コーフィールド競馬場で18頭が出走して行われ、ダミアン・レーン騎乗の日本馬メールドグラース(4歳牡馬、清水久詞厩舎)が優勝、今年負けなしの6連勝でG1初制覇を飾った。 道中は後方2番手を追走し、 …

メールドグラースが豪GI制覇=競馬

オーストラリア競馬のコーフィールドカップ(GI、芝2400メートル)は19日、メルボルン郊外のコーフィールド競馬場で18頭が出走して行われ、ダミアン・レーン(豪州)騎乗のメールドグラース(牡4歳、栗東・清水久詞きゅう舎)が優勝した。海外GI初勝利で、1着賞金300万豪ドル( …

メールドグラース 海外初遠征でG1初V レーンが母国でも大仕事

JRAで馬券発売されたオーストラリアG1「コーフィールドC」(芝2400メートル)が19日(日本時間同日)、コーフィールド競馬場で行われた。日本から唯一出走のメールドグラース(牡4=清水久)が後方から大外を回って直線で抜け出し、6連勝でG1初制覇を決めた。 今春、日本で …

【コーフィールドC】快挙!メールドグラースが後方一気で破竹の6連勝達成!

ヤング)が続いた。 勝ったメールドグラースは、父ルーラーシップ、母グレイシアブルー、母の父サンデーサイレンス、伯父に福島記念を勝ったグラスボンバーがいる血統。3走前の新潟大賞典、2走前の鳴尾記念、前走の小倉記念に次ぐ重賞4連勝で、これで破竹の6連勝となる。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Next Post

[ラグビー決勝トーナメント] 決勝トーナメント ニュージーランド、アイルランドに圧勝 イングランド、オーストラリアに快勝

決勝トーナメント ニュージーランド、アイルランドに圧勝 イングランド、オーストラリアに快勝 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会は19日、昭和電工ドーム大分と東京・味の素スタジアムで決勝トーナメント(準々決勝)が始まった。史上初の3連覇を狙う1次リーグB組1位のニュージーランド(世界ランキング1位)は、A組2位のアイルランド(同4位)に46―14で圧勝。

Subscribe US Now